2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年6月22日 (金)

one day (756)   Yurihama/Tottori

Img056

私は帰省すると、毎日海と湖にカメラを持って出掛ける。
湖までは歩いて5分、海までは車で10分。
今まで何枚撮ったかわからず、
何枚プリントしたかわからず、
そして何枚すべきものを
まだプリントできていないのか、
わからない。
それでも毎日足が向く。
水面の色、空の色、砂の色、
風の強弱、波のかたち、草花のかたち、
人々の数、鳥の数、
それぞれがいつも違う事を口実に
何枚も同じような写真を撮っている。
15年あまりこれを続けているが、
今後はもっと続くだろう。
少なくとも、フィルムがある限りにおいては。

2018年6月21日 (木)

one day (755)   Tamagawa

Img029

私はサッカーの事はよくわかりませんが、
KEISUKE HONDAの言動は気になります。
ビッグマウスが基本、好きなのです。
昔、晩年になっても落合博満が
「目標は3冠王」と言っていたように。
いろいろ不安もあるでしょうが、
まず「自分は出来る!」
という前提で物事にあたる姿勢がとてもいい。
同時に自分をよく知ってもいるので、とてもストイック。
プロフェッショナルの見本だと私は思っています。

2018年6月20日 (水)

one day (754)   Kawasaki

Img0011

先日大阪在住の知人と話していたら、
岡本太郎の作品を観ると、
勇気が湧くという話になりました。
太陽の塔の内部を見学するそうです。
羨ましい。
”芸術は爆発だ!”
というテレビのイメージも重なり、
作品の前に立つと余計にパワーが漲ります。
太陽の塔は吹田市にあります。
私は20代の4年間をここで過ごしました。
そして生誕の地である川崎市に8年暮らしました。
特に私とは相関はありませんが、
何となく気になるし、嬉しいものです。
もっと評価されても良いのでは、
と思ったりもします。

いまのあなたを、「記録」しておきませんか?

001    

 

 

002

 

003 

 

004

 

005

 

006

 

007                                                         

 
 
 
 
 
いまのあなたを、「記録」しておきませんか?       
 
 
写真家・船寄剛があなたのポートレートを
撮影させて頂きます。
 
フィルムで撮り、船寄自身が暗室で手焼きします。
修正は致しません。
決して安価ではなく、時間もかかってしまいますが、
丁寧に仕上げさせて頂きます。
 
現在、巷では写真が溢れ、カメラマン、写真家も
星の数ほど存在します。
随分減ってしまいましたが、素晴らしい仕事を
続けてきた写真館もあります。
そんな中、わざわざ私がポートレートを撮る意味は
ないかもしれません。
そしてデジタル写真や、写真屋さんにプリントして
頂いた方が、あなたの好みだったりするかもしれません。
私が培ってきた技術、経験、そして”こだわり”も、
みなさまの「好み」の前では軽く吹き飛んでしまうのです。
 
そこで私がポートレートを撮る意味とは。
ひとつのイメージがあります。
 
人里離れた山奥に、一軒の古びた
時代遅れの定食屋がありました。
探せど他に店はなく、いざ入ってみたら、
思いのほか、美味しかった。
そしてじわじわと、その温かさが
身体に染みてくる。
私はいま、そんなポートレートを思い描いています。
 
前述した通り、撮影からセレクト、暗室作業まで、
私自身が行います。
そのプロセスひとつひとつに、私の写真に対する想い、
人間と社会に対する想いが反映されています。
その全てをもって、私の写真とさせて頂きます。
私の写真にこだわり、カメラの前に立って頂ける方は、
是非ともご連絡下さい。
 
 
あなたに寄り添い、そして未来の愛する方々のために、
私はあなたの”いま”を記録したいと思っています。
そして日々の暮らしの中で、ほんの少しの勇気を
感じられる、そんな小さな”しるし”になればと
思っています。
 
どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 
 
<価格> 
 
 
・1カット : ¥20,000  (税込)
 
・2カット : ¥28,000  (税込)
 
(撮影・現像・プリント代込、送料込)    
 
 
 
 
 
 
 
<撮影に関して>
 
 
・使用するフィルムは、カラーネガフィルムです。
 
・印画紙のサイズは8X10インチ(六切)
 /203mm X 254mm となります。
 
・撮影は屋外(自然光)で行います。
 
・撮影場所は天候も踏まえ、ご相談のうえ、
 決めたいと思います。
 
・都心での撮影を想定しております。
 遠方での撮影に関しましては、ご相談ください。
 
・価格は、プリントのみの価格となっております。
 額装をご希望の方は、ご相談ください。
 
・代金は撮影後日、お振込ください。
 振込手数料はご負担お願いします。
 
・撮影からプリントの送付まで、
 約2ヶ月を目安にしております。
 
 
 
 
<お申し込み先・ご連絡先>
 
 
 
 

2018年6月19日 (火)

one day (753)    Mizusawa

Img0481                                                          

Img049
大谷選手の故郷、水沢。
のどかな田園地帯です。
復帰を待つばかりですが、
個人的には打者・大谷をたくさん観たい。
イチローとバリー・ボンズを併せたような、
最強の野手になります。
というか、すでになっているかもしれません。
もっと凄くなって帰ってくるのがスターです。

«Stadium (103)  上林誠知選手/ソフトバンク/ジャイアンツ球場