2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月27日 (水)

one day (645) Tokyo

Img191                                                       

前々から行こうと思っていた高尾山へ。
足を鍛えようと思って。
3年振りくらいに行きましたが、駅周辺が綺麗になっていて
びっくり。
とても日差しが強くて、暑くて、汗だくでしたが、
途中コンパクトカメラで写真を撮りつつ、
一時間くらいで登頂しました。
最近は外国人が多いんですね。
色々な国の言語が。
頂上では特にすることもないので、すぐに下山。
近くに新しくミュージアムが出来ていたので、
少し滞在して駅へ。
味気ない登山ですが、毎月来たいなと思いました。
空気も綺麗だし、いろいろ考え事も出来るし。
あと、帰宅してから気付きましたが、
姿勢が良くなっている。
姿勢矯正と脚力の強化が重点ですね。
私が社会人になったころ、上司の趣味が登山で、
彼は頑強な体つきをしていました。
当時は全く理解出来ませんでしたが、
登山は良いものだと、少しわかってきました。
とはいっても、高尾山は散歩の延長ですが。
郷里の鳥取県には大山(だいせん)という1700メートル
くらいの山がありますが、7歳くらいのときに
父親と登ったことを思い出しました。
そんな小さな子供には大変だったと思います。
そして高尾山ではたくさんの年配の方が軽快に歩いていました。
素晴らしいですね。
私は健康で長生きして、永く作品を創るのが目標です。
それは、私は物事を理解するのに時間がかかるほうで、
どうしても多くの時間が必要だということでもあります。
元気な高齢者の方を観ると、
とても漲るものを感じます。
かっこいいですよね。

2017年9月25日 (月)

one day (644) San Francisco

Img053                                                        

Img054                                                         
週に一度は通っていた書店が閉店していた。
商店街にあり、おそらく何十年も営業していたと思う。
品揃えが良くて(私には合っていて)、なるべくここで
購入するようにしていた。
この街に住んで5年くらい経つが、
今後の私の行動パターンが変わってしまう。
街からひとつ書店がなくなるというのは、
普段色々な事を教えてくれる先生が
急にいなくなるような感じで、
とても大きな損失である。
そこは小さな店舗だったが、写真集をはじめ、
芸術全般に品揃えが良かった。
近くに有名な音大があるお陰か。
カフェもイベントもない、昔ながらの硬派な本屋も
私は好きです。

2017年9月23日 (土)

one day (643) Tottori

Img417                                                           

Img419                                                     
上田義彦さんの展示を観てきました。
僕は中国の作品とペルーの作品が好きですね。
僕は1994年に北京と上海に行きましたが、
当時写真に全く興味がなかったので、
観光地での記念撮影の写真しかなく、
しかも使い捨てカメラ!
少しでも自分の眼で観た中国の姿を
写真に残せていたらなと、
たまに考えます。
当時はまだ鄧小平の時代でした。
上海は近代的でしたが、
北京はとてものんびりしていました。
戦後の日本はこんな感じだったのかなあ、
という感じでした。
 
話は変わって、
先日観た飯岡幸子さんの展示に関して、
「ヒノサト」という映像作品の上映会に参加しました。
素晴らしい作品でした。
私の故郷の作品をまとめる際のヒントがたくさんありました。
頭を整理して、充分役立てたいですね。
そして場違いな感じでしたが、打ち上げにも参加しました。
殆どの方が東京藝大の卒業生、もしくは現役生という顔触れで、
そんな世界の話はあまり耳にする機会がなく、
たくさん刺激を受けました。
高校生のとき、私は社会学部を選ぶのに”精一杯”でしたが、
世の中にはそんな選択肢があり、そこに辿り着いた彼等が
何だか羨ましかったですね。
当時私は僅かながら絵を勉強したいと思いましたが、
野球部でしたし、選択授業で楽しむぐらいで、
色々な意味で現実的ではありませんでした。
そういう意味でも”芸術家”の方を、
プロ野球選手と同様、羨望の眼差しで観てしまいます。
長くなりましたが、
そんなことで、楽しい酒席でした。

2017年9月20日 (水)

one day (642) Tokyo

Img436                                                       

ジャイアンツの2軍球場に通って5年目になる。
そしてシーズンも佳境。
まるまる1試合観られる日はもうなさそうだ。
今月は5度行った。
ラストスパート。
今日現像所に行って一区切り。
カラー暗室に行ってベタを取り、
今シーズンのプリント作業に移る。
今年はこれまでの作品を色々な人に観てもらい、
アドバイスを活かしながら撮影してきた。
今後もたくさん観てもらい、編集に活かしたい。
暗室作業は大変ですが、楽しみも多々あります。
年内いっぱいかかりそうですね。

2017年9月17日 (日)

one day (641) Tottori

Img024                                                         

Img036

2017年9月14日 (木)

大谷翔平が行ってしまう

Img047_2                                 

ついにメジャーに行ってしまうということです。
「行ってしまう」と書きましたが、大歓迎です。
どのチームに入るのか?
どのように試合に出場するのか?
どれくらいやるのか?
野茂やイチロー、松井が海を渡ったときのような
ワクワク感です。
松井は観に行けなかったけど、この歴史上の選手の
初陣イヤーを見届けたい。
来春の日本は、清宮/中村両選手が盛り上げるでしょう。

2017年9月13日 (水)

one day (640) Tottori

Img021                                                           

Img020                                                       
おすすめの展示をいくつか。
 
・Raymond Depardon/銀座シャネル
・野口里佳「海底」/タカイシイ
・松本美枝子「ここがどこだか、知っている」
 /リクルート
 
いずれも良かったです。
レイモンは映画も良さそうですね。
野口さんは新作写真集が楽しみです。
松本さんは鳥取にステイした際の作品が面白かったです。
私の実家のある町の作品もありました。
ちょっと簡単すぎる感想ですが、
いい作品を観るとチカラが漲ります。

2017年9月11日 (月)

one day (639) San Francisco

Img488_2                                                            

Img498                                                        
早いものであれから16年ですね。
その日のことはよく覚えています。
その惨禍を現地国で迎えたこと、
イチローのメジャーデビュー、
そして僕自身が会社員を辞した事が印象深い1年でした。

2017年9月10日 (日)

one day (638) Seattle

Img513                                                           

Img537                                                        
飯岡幸子さんの展示
「永い風景」を観にいく。
いまいちど、風景とは?
と考えさせられる。
僕の作品ならどうだろう。
しばらく考え、実践の日々だろう。
トークショーも素晴らしかった。
瀬尾夏美さん(画家/作家)、
濱口竜介さん(映画監督)を加えての鼎談。
とても良かったです。
写真にも通じるところが多々ありました。
頭の整理がついたら、こちらも実践です。
久しぶりに濱口監督にお会い出来たのも良かった。
来年公開の「寝ても覚めても」が楽しみです。
他分野の方の話は刺激的で、
いつも以上に加速を迫られる感じです。
楽しい夜でした。

2017年9月 6日 (水)

one day (637) Tottori

Img013                                                             

Img426

2017年9月 4日 (月)

one day (636) Tottori

Img408                                                          

Img415

2017年9月 2日 (土)

one day (635) Tottori

Img347                                                              

Img479                                                             
先日何気なく朝の情報番組を観ていたら、
「この人会ったことある!」
という男性が。
マツコ・デラックスの隣でたいやきについて力説している。
写真家の宮嶋康彦先生でした。                                             
昨年だったか、銀座ニコンで展示されていた際、
ギャラリーの営業が終わったあと、
ビールをご一緒させて頂きました。
実のあるお話をたくさん聞かせて頂きました。
でもたいやきの話はなかったような。
その際の展示には、私の故郷で撮影された作品が
数点ありました。
そして先生が言うところの「天然もの」の
たいやき屋さんが数件残っている場所でもあります。
私も帰省した際、たまにですが、
観光地の一角にあるたいやき屋さんに行きます。
確かに美味しいです。
私の母校の近くでもあるので、
この女生徒も食べていたかもしれません。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »