2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月30日 (火)

Stadium (92)

Img528                    

2017年/松井稼頭央/ジャイアンツ球場
 

2018年1月26日 (金)

one day (690)  奥山 淳志写真展「庭とエスキース」を観にいく

007

 
素晴らしい展示を観てきました。
写真家・奥山淳志さんの「庭とエスキース」。
ひとつの到達点を見せて頂いた感触があります。
展示と同時に出版された写真集も良かった。
尊く、凄いモノを観たなあという永遠のひとときでした。
こちらは銀座ニコンサロンで1/30まで。
来月は大阪に巡回します。
私も再度観に行くつもりですが、
何度観てもその都度発見があるだろう、
そんなお薦めの展示です。
是非!!

2018年1月22日 (月)

Stadium (91) /野球殿堂博物館に行く

Img533

2015年/上林(福岡ソフトバンクホークス)
/ジャイアンツ球場
 
野球殿堂博物館に行ってきました。
10年振りくらいで、とても楽しめました。
おそらく1日中居ても退屈しない。
新たに殿堂入りした松井秀喜氏のユニフォームも
陳列されていました。
とにかくでかい!                                                                             
久しぶりに来た目的はトークショーを聞くため。
報知新聞社のカメラマンのお話でした。
色々な撮影秘話、特に印象深かった長嶋監督、
松井秀喜選手、中畑監督の写真を中心に
あっという間でした。
興味深かったのは、ホームランを打つのが
事前にわかるという話。
センター方向から望遠レンズで捕手の股間辺りを観れば
かなりの精度で!
ということでしたが、もちろん選手には禁止されています。
他、いろいろと興味深い話がありましたが、
カメラマンさんが楽しそうに生き生きと
普段の仕事ぶりを話される姿に感動しました。
スポーツ写真は勿論私も好きですが、
改めていい仕事なんだろうと
こちらまで幸せな気持ちになりました。
そしてカメラマンさんの私物の松井秀喜氏のバットを
触らせて頂きました。
試合中に折れたバットはゴミになる時代、
カメラマンさんが頂いたそうです。
ちなみにこの博物館には色々な選手のバットが陳列されています。
私好みのバットは、ジャイアンツの陽選手と
ライオンズの松井選手のものでした。
グリップが細くて、重心が先端にあり、
長距離打者向きのものです。
筒香選手のものも好きです。
マニアックですいません。                                                                
今回は図書館にも寄ってみました。
あだち充の「タッチ」をしばし立ち読みしたあと、
高校野球の新聞スクラップがあったので、
私の高校時代の最後の夏の大会の結果を探しました。
92年の7月27日に準々決勝で敗退していました。
いまいちどスコアを確認したかったのですが、1対2でした。
(ちなみに相手校は甲子園で奈良/天理に敗退。)
私は控えの3塁手で出場機会はありませんでした。
最後はチームの柱である右翼手のところにフライが上がり、
タッチアップでサヨナラ負けでした。
彼のところにいって負けたのだからしょうがありません。
納得出来る負け方でした。
新聞スクラップ、いい時代です。
とまあ、野球好きにとっては無限に楽しさが尽きない
テーマパークです。
陳列品の撮影は自由なので、次回はデジカメを持参して
全て撮ろうと思っています。
他、図書館を本格的に使えるような状態になればと
個人的には思っています。

2018年1月18日 (木)

one day (689)

052

 
先日10年ぶりくらいに鎌倉へ行きましたが、
随分変わっていて驚きました。
とてもお洒落なお店が増え、当然観光客でいっぱいで
ゆっくりお茶をするのも難しい感じでした。
相変わらずだったのは夜が早いということで、
お店の多くが7時くらいには店じまいをしていました。
私は昔から変わらないだろう、落ち着いた感じの
とんかつやさんで食事を済ませ、帰途に就きました。
久しぶりに海岸やらお寺やら商店街やら、
4時間くらい歩くと色んなことがよく見えてきます。
旅、とまではいきませんが、いい一日でした。
十文字美信さんのギャラリーがあり、
ポートレートの素晴らしい展示も観れました。
モノクロのポートレート、撮りたくなりますね。
鎌倉は少し時間がゆっくり流れている感じがして、
たまに来たくなります。

2018年1月14日 (日)

Stadium (90)

Img489

 

2017年/ジャイアンツ球場

2018年1月11日 (木)

one day (688)

226                                                           

Img035                                                        
Img044                                                        
Img052                                                       
Img008

2018年1月 9日 (火)

Stadium (89)

Img488

2017年/ジャイアンツ球場

2018年1月 7日 (日)

one day (687)

912

星野監督の訃報には大変驚きました。
昨秋のドラフト会議の映像で、少し痩せられたかなと
気にはなっていましたが、本当にびっくりです。                                                       
恐らく私は球場で星野監督を観た事がありません。
これまでコンスタントにプロ野球は観てきましたが、
たまたまそういうことです。
ただ監督の母校、明治大学の試合は何試合か観ています。
かつて高校の後輩が所属していて、
彼を観る為にも通いましたが、
ただ単純に大学野球を観に神宮球場に足を運びました。
かつて明大野球部には島岡監督という
有名な監督さんが指揮を執られており、
星野さんもその薫陶を受けたひとりです。
いまでもその教育論、野球観が部員に受け継がれていると思います。
明大の試合を観るとき、勝手にそんなことを感じています。
 
2003年、星野さんがタイガースを率い、
久しぶりにセ・リーグを制しました。
もうこんなことはしばらくないだろうと、
チケットも無いのに友人に引っ張られ、
西宮に向かった事があります。
案の定チケットは捕れず、尼崎駅に設営されたスクリーンで
観戦しました。
凄い熱気でしたね。
甲子園球場はもっと凄かったと思います。                                                          
とても影響力のある方だったので、もっと球界の為に
叱咤激励して欲しかったですね。
ひとりの野球ファンとして思います。
個人的には中日時代の、落合のトレードが印象深いですね。
郷里鳥取では巨人戦しか放映されず、
そのお陰で以降、落合の打撃を観る事ができました。                                                    
大きな重しというか、なにか大きなものが
なくなってしまったなあという思いにかられています。

2018年1月 5日 (金)

one day (686)

Img055                                                         

Img053                                                             
Img004                                                       
214                                                     
202                              
こちらも少し懐かしい作品を。

2018年1月 3日 (水)

one day (685)

209                                        

211                                                        
Img217                                                     
201        
 
 
203
 
少し懐かしい作品達を。

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます!

Img454

2017年/東京ドーム
大谷翔平

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »