2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

« one day (693)  アジェと石内都 | トップページ | Stadium (94) »

2018年2月10日 (土)

one day (694)  諏訪敦 作品集出版記念展と市川孝典/鬼海弘雄作品展を観に行く

050

 
銀座で展示をふたつ鑑賞。
諏訪さんの展示は森岡書店。
絵画を施した作品集一点26万円!!
でも諏訪さんの作品にしたら格安かもしれません。
購入者が羨ましい。
そして市川さんと鬼海さん。
鬼海さんとは初めてお会いし、密かに感激。
私はやはり作品集「ペルソナ」の印象が強い。
以前雑誌アエラの記事で市川さんのポートレートを
撮影されていましたが、こちらも凄く良かった。
そしてそして市川さんとは10年くらい前、
雑誌の取材で初めてお会いしました。
線香で紙に焦げ目を付け、そのグラデーションで
モノクロ写真のような作品に仕上げる。
とても根気と集中力、体力を要する仕事です。
しかも下書きなしで、記憶だけを頼りに”線香”を走らせます。
取材以降何度も展示に足を運び、市川さんも何度か私の展示に
来て下さいました。
今回の展示では新しい技法にも挑戦し、
当然新しい表現形態でもあり、驚きました。
鬼海さんの作品とも調和がとれた空間となり、
お互いの信頼の深さも伝わりました。
大いに刺激を受け、私も形にしなければと、
強く思う一日となりました。

« one day (693)  アジェと石内都 | トップページ | Stadium (94) »

文化・芸術」カテゴリの記事