2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

one day (793)   濱口竜介監督 「PASSION」を観る

Img199

公開中の「寝ても覚めても」がヒット中の、
濱口監督のアーリー・ワークスのひとつでもある
「PASSION」を観てきました。
東京藝大の修了製作。
凄い作品でした。
「ハッピー・アワー」の原型のような
ざわつき、ヒリヒリする作品でした。
出演者それぞれが魅力的でもありました。
先日成城大学でのトークも聴いてきましたが、
改めて凄い才能が出てきたなあと、
感慨深いものがありました。
初期作品には衝動の発露とも言いますか、
生々しい手触りがあります。
核心に触れるような、
でもそれは果てしなく届かないもののようで、
いずれにしても興味が尽きないものです。
監督と同じ時代に生きていて良かったと思いますね。

2018年9月29日 (土)

one day (792)   Tottori/Yurihama

Img114

先日、初の秋田でした。
秋田美人というのは本当だと実感。
郊外の田園風景は私の故郷・鳥取に似ている印象で、
市街地の風景は松江に似ていると感じました。
短時間の滞在でしたが、とてもいい街だと思います。
そういえば、来月のプロ野球ドラフト会議が楽しみです。

2018年9月25日 (火)

Stadium (111)   西武第2球場

Img188

2018年9月24日 (月)

写真展「想い」より

11        

 

 

12                                                       
17
 
 
21
 
 
20
 
 
13

2018年9月22日 (土)

one day (791)    たまにはお仕事の写真を/夏帆

Img026

「天然コケッコー」という映画を観て、
素敵な女優さんが出てきたなあと思っていました。
「海街diary」も良かったですね。
透明感溢るる方でした。

2018年9月21日 (金)

写真展「駅」より

22

 

 
23                                                                                            
25_2                                                                                           
31_2                                                       
 
32                                                                                                
33                                                                                             
34

2018年9月20日 (木)

Stadium (110)  島袋洋奨/ソフトバンク

1851

1861

ソフトバンク ホークス3軍とジャイアンツ3軍の試合。
沖縄/興南高校で甲子園春夏連覇のエース、
島袋投手を観てきました。
やはり雰囲気があります。
6回を無失点。
ストレートは走っていました。
1軍で輝くべき選手なので、
ひとつひとつ階段を上がって欲しい。
そして、ルーキーの増田3塁手(横浜高校)。
こちらもいい選手で、いい雰囲気を持っていました。
松田選手の後継者でしょう。
ホークスが遠征に来る事はとても稀なので、
とてもいいものを見せて頂きました。
昨日のヤングマン/ジャイアンツも良かったですね。

2018年9月19日 (水)

one day (790)    Tottori/Yurihama

Img090

2018年9月17日 (月)

Stadium (109)  ベイスターズ球場あれこれ

Img189

Img206

ベイスターズの2軍が主に使用している球場。
試合は無料で観られます。
寮も併設されています。
来年からは横須賀に移るそうです。
写真はライオンズ戦。
調整中の中村剛也選手が出場していました。

2018年9月16日 (日)

one day (789)    Musashino

Img194

2018年9月15日 (土)

写真展「まほら」より

226_3    

 

 

201_2
 
 
 
222
 
 
 
214_2
 
 
 
225_2
 
 
 
 
 
203_2

2018年9月14日 (金)

one day (788)   たまにはお仕事の写真を/みうらじゅん

Img014

撮影前のインタビューを聴いていたら、
思わず爆笑してしまいました。
ホントに面白い方でした。
ちなみに私は、奥様のBIRDさんとは大学・学部の同窓になります。
同じ教室で授業を受けていたこともあると思います。
何だか不思議ですね。

2018年9月13日 (木)

Stadium (108) 村田修一選手、杉内俊哉投手、お疲れさまでした!

Img503

Img082
両選手とも、もっと観たかった。
(写真はいずれもジャイアンツ球場)
杉内投手の写真は、
おそらく現役最後のマウンドではないかと。

2018年9月12日 (水)

写真展「HOPE」より

Img037     

 

 

Img038                                                          
Img043
 
 
Img041
 
 
Img044
 
 
Img042

2018年9月11日 (火)

one day (791)    イチローと72本と狂牛病と

Img037

9月11日。
この日が来ると、毎年2001年のその日を思い出す。
私は会社員を辞めて、アメリカに来ていた。
久しぶりにゆっくり旅をしたいと思ったし、
イチローのルーキーシーズンを見届けたかった。
野茂も観たかった。
アメリカに着いてすぐに惨禍があり、
旅の予定を変更した。
飛行機も鉄道もストップ。
長距離バスで移動した。
シアトルでイチローの勇姿を観られたのが9月18日。
メジャーリーグが1週間振りに再開された日だった。
その後オークランド、クリーブランドでもイチローを観た。
そしてこの年のもうひとりの主役。
バリー・ボンズ。
72本の本塁打。
私は59号と60号を目撃した。
リプケンの引退もこの年で、
最後の勇姿をボルティモアで観た。
ボルティモアはベーブ・ルースの故郷でもある。
そしてそして狂牛病。
私は牛肉の輸入業に携わっていたので、
このニュースは印象深い。
”惨禍”とほぼ同時期。
退職の挨拶にロスの支店を伺った際、
いいタイミングで辞めたと、
半ば冗談で羨ましがられた。
この旅に私はニコンのFM2を持参した。
2ヶ月で10本も撮らなかったが、
素人だったのでそんなものだろう。
露出も理解できておらず、数も少ないが、
このスナップ達が、私の初めての作品になるかもしれない。
帰国して半年後、私は写真の道に入った。
大判、中判のカメラ、フィルムを初めて知り、
ポジフィルムもバライタ印画紙も初めて知った。
とんでもないところからのスタートだった。
今でもたまに、そのアメリカの写真を観る。
下手なりに、それでも何とかなっているものが僅かにある。
私の写真の原点、もしくはそのひとつかもしれない。

2018年9月10日 (月)

one day (790)    Kugenuma

Img198

2018年9月 9日 (日)

Stadium (107)

031

 

015
 
028
 
061
 
078
 

2018年9月 6日 (木)

one day (789)   武蔵浦和

Img074

武蔵浦和にあるスワローズの2軍グランドに行ってきました。
マリーンズ戦。
勘違いしてマリーンズのグランドに行ってしまい、
急いで引き返し、バスにて到着。
運動場の一角にあるグランド。
土手沿いにあり、土手の上からは何人かの見物人が。
私も登ってみましたが、いい感じで試合が望めます。
ロッテの先発はエースの石川。
いい球放ってました。
ブルペンの近くの席に座り、ウォームアップする投手を
目の前に試合を臨む。
やっぱり近いととても勉強になります。
そして時折ブルペンキャッチャーと話す野村克則コーチ。
ノムさんにそっくりになってきました。
3対2でマリーンズが逃げ切るのを土手の上から確認し、
バスで駅に向かいました。
次はマリーンズのグランドで試合が観たいですね。
各チームのグランドを観ると、
いかにジャイアンツのファームが恵まれているか、
よくわかります。
四六時中練習出来る環境は、
四六時中暗室作業出来るようで、
羨ましい限りです。
美味しい寮の食事がありますし。
増々羨ましい限りです。

2018年9月 3日 (月)

one day (788)   千葉マリンへ行ってみる

Img161

今さらながら、初めて行きました。
猛暑の中、今回も2軍戦です。
海沿いで強風吹き荒れる球場。
ファーストフライが押し戻されてキャッチャー付近へ、
そして落球。
対戦相手のジャイアンツの選手には良い練習です。
海沿いの球場といって思い浮かぶのは、
サンフランシスコ・ジャイアンツの球場です。
昔何度か行きましたが、ここまで酷く無かったと
記憶しています。
選手は大変ですね。
試合は、1軍クラスの選手が何人か出ていて
ラッキーでした。
ロッテは石川、大谷、
ジャイアンツは両山口投手。
成田が近いのか、常に上空には飛行機が飛んでいます。
強風で、打球はそんなに飛びませんでしたが。
この球場、駅から少し歩きます。
そして球場の周りは少し殺風景です。
神宮や東京ドーム、
かつては甲子園や大阪ドームに慣れている身にとっては
初めての感覚です。
そしてもっと早く来ても良かったかなあと。
私は2000年から東京ですが、
黒木や小宮山が観られましたからね。
また今夏は色々な球場に行きました。
横須賀球場、ベイスターズ球場、
神宮球場、西武ドーム、
ジャイアンツ球場、府中市民球場、
そしてこの千葉マリン。
色んな球場、色んなファン、色んなチームカラー。
いろいろフィールドワーク出来た、暑い夏でした。

2018年9月 2日 (日)

one day (787)   たまにはお仕事の写真を/尾野真千子

Img016_3
私は河瀬直美監督にとても影響を受けたので、
2作主演を務めている彼女の撮影は嬉しかった。
河瀬監督との関係性も垣間みれたし、
私の郷里で撮影された作品についてお話出来たり、
楽しい時間でした。
増々素敵な女優さんになられて、嬉しい限りです。

2018年9月 1日 (土)

one day (786)    映画「寝ても覚めても」を観に行く

Img086

素晴らしい作品でした。
上映後の胸のざわつきが尋常ではありませんでした。
たくさんの人に観て欲しい。
そしてこの作品について、色々語り合って欲しい。
ヒロインの突飛な行動で展開が大きく変わります。
彼女の行動には賛否あるでしょうが、
私はそれでもいいんじゃないかと思います。
リスクを追ってでも、本能的に欲望に従う。
私は彼女のようには到底出来ませんが、
実際はわかりません。
そしてお互いを理解する事には限界があり、
その為にも想像力があるのでしょうが、
本質的にはやっぱりそれも無力であるかもしれない。
そんな事を思いました。
人と人とを繋ぐものは何でしょうか。
再度観ていろいろ考えたい。
いい映画を見ると希望が持てます。
未来に自信が持てますね。
この作品の俳優さん達もすごいですが、
やっぱり原作者と監督の力量が抜きん出ていると
改めて感じました。
そして牛腸茂雄の写真、痺れました!

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »