2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月30日 (火)

one day (799)    是枝監督の著書を読みながら、、、

Img197

是枝裕和監督の著書を読んでいます。
対談本を中心に6冊ほど。
「映画を撮りながら考えたこと」も、とても良かったです。
是枝監督の作品のほとんどを劇場で観ました。
デビュー作の「幻の光」は、舞台挨拶にも行きました。
大阪十三の第7劇場です。
主演の江角マキコはまだ無名でしたが、
僕はとても注目していて、彼女見たさもありました。
著作の話に戻しますと、
監督の幼少時から青年期のエピソードを読むと、
監督がなぜ、これらの作品を製作してきたか、
想像出来ます。
ドキュメンタリーからスタートした経緯も、
同様に想像出来ます。
そして作品ひとつひとつのエピソードを追って行くと、
当時の社会のことが思い出され、
今の状況を俯瞰し、今後を危機感を持って
思いを馳せることができます。
そこには幾分かの希望もありますが、、、。
写真の世界にも当てはまる事はたくさんあり、
作品を創っている人にとっては
沢山の矜持を受け取ることができます。
また読んでいると、
すでに世界で評価を得ている映画人は
サッカー選手のように今後はどんどん
ヨーロッパに拠点を移していくようです。
西欧の人々の心に届いて、
同胞の心にあまり届かないのであれば、
それは仕方のないことかもしれません。
もちろん是枝監督は、届ける努力を多大にされています。
映画を観たり、コンサートに行ったり、
美術館に行ったりする代わりに、
日本人(特に男性)は仕事に邁進してきました。
少しこの辺りで色々な文化に触れてみてはと思います。
文化はいま私たちが生きている社会の鏡でもあります。
人生を社会を、客観的に見る装置にもなります。
主体的に人生を歩もうと、背中を押してもくれます。
是枝監督の作品は、そのような力に溢れています。
観賞後、沢山の疑問が残りますが、
そのことを考えることによって
社会の成り立ちや自分の人生について
改めて見つめ直す機会になります。
鑑賞した人同士で語り合うと
さらに思考が深まります。
それが映画の醍醐味のひとつです。
最近是枝監督の作品をテレビで観る機会があり、
改めてその深さ、緻密さ、豊穣さに感心しています。
身に詰まされるシーンも多々あります。
善悪や正否、白黒と、
判然とする機会は日常にそうある訳ではなく、
大抵が魑魅魍魎、カオスではないでしょうか。
是枝作品はそのあたりの無常を凝縮しています。
向き不向きはもちろんありますが、
話題作だけではなく、くまなく是枝作品を
多くの人に観て欲しいです。

2018年10月28日 (日)

写真展「HOPE」より

Img037     

 

 

Img038                                                          
Img043
 
 
Img041
 
 
Img044
 
 
Img042

2018年10月24日 (水)

one day (798)    基本練習

Img170

昨日原辰徳監督の就任が決まったので、
少しだけジャイアンツ球場を覗いてみました。
全体練習をもしかしたらやっているかも、
という思いでしたが、
主に3軍が練習していました。
背番号は3桁、殆どが育成選手で、プロ選手ではありません。
それでも打撃練習をすれば軽くスタンドにぶち込みます。
今日はキャッチャーの補球練習をじっくり観ました。
単調な基本動作を繰り返し、繰り返し身体に覚え込ませます。
それまで高校、大学等で要求される最高レベルでの
所作は身に付いている彼等ですが、
より高いプロレベルでの基本動作を身体に叩き込みます。
基本動作、基本練習とはいえ、奥が深いと感心します。
コーチの指導、助言もよく聞こえ、アマチュアの指導者にも
聴いて欲しいといつも思います。
僕は面白くて熱心に聴いていますが、
それを役立てることは出来ません。
打つ方では内田コーチが解りやすく温かい眼差しで
指導していました。
比較する事は出来ませんが、メジャーでも
その知識と技術は充分通用するのではないかと思います。
久しぶりに練習風景を観ましたが、若者が額に汗し、
無心でボールを追い、打っている姿は
とても清々しいものがあります。
希望そのものです。
来週も覗いてみたいと思います。

2018年10月22日 (月)

one day (797)   「 いま、ここ、わたし」  

Img001

1日限りの、小さな展示を開催します。
11/10
13時〜19時
林和美画廊
初期の作品から最近のものまで、
フランクな感じになります。
当日は在廊している予定です。
何卒宜しくお願い致します!!

2018年10月21日 (日)

Stadium (114)  高橋由伸監督/ジャイアンツ

Img270

写真は2015年10月28日。
高橋由伸が監督として初めてジャイアンツ球場に立った日。
スーツ姿でした。
実にカッコ良かった。
紆余曲折の三年間ではありましたが、
間もなく新しい監督をこの球場は迎え入れます。
ユニフォームを着ない日々は実に久しぶりだとは思いますが、
いずれ満を持しての由伸監督の再登板を
観られることだと思います。

2018年10月16日 (火)

写真展「しじま」より

5

 

4
 
12
 
22
 
3
 
10_2
 
14
 
7
 
17

2018年10月14日 (日)

one day (796)    宇宙とか星とか

Img201

機会があって、小学生以来のプラネタリウムへ。
宇宙とか星座とか、苦手分野でしたが、
わかりやすく説明してもらうと興味が湧きますね。
自分の日常と少し近くなった感じがします。
そして若い男女の姿もいくつかありました。
そういうデートもあるんですね。
遊園地とかのアトラクションも私は苦手です。
学生時代、フィールドワークのつもりで
フロリダのユニバーサルスタジオに
ひとりで行った事があります。
まったく心が躍らず、シュールな体験でした。
ディズニーランドに行っていたら、
もっと珍妙なことになっていました。
話はプラネタリウムに戻して、
やっぱりウトウトしてしまいますね。

2018年10月10日 (水)

one day (795)   宇宙線

Img145

先日デジタルカメラの画像を拡大していたら、
赤い小さな点がどの画像にもあるのを発見。
センサーに何かあったんだろうと、ニコンサロンへ。
「宇宙線の影響で、、、」
と説明が始まり、
「宇宙船?」
などと少し混乱。
いきなりそんな事を言われても、追いつけません。
幸いソフトウェアで、1080円で修正して頂けましたが、
治らず、高い修理代になることも稀にあるそうです。
ちなみにこのような症状で点検に来る人は
ひと月にひとりいるかどうかのレベルだそうです。
もっとデジタルカメラと仲良くせねばと思いました。
しかし、宇宙からの影響は、防ぎようがありませんね。

2018年10月 7日 (日)

Stadium (113)  矢野謙次/ファイターズ

Img310

2016年/ジャイアンツ球場
お疲れさまでした!!

2018年10月 4日 (木)

one day (794)   「 愛について  アジアン・コンテンポラリー」  を観に行く

Img115

東京都写真美術館での展示。
私は特に、キム・インスクさんの展示に痺れました。
VTRは各3回観ました。
在日コリアンの家族の肖像がテーマの展示。
10代の頃、このような出自の友人と出会い、
本を読んだり映画を観たり、講演会に行ったりと、
若いなりに知りたいと思いました。
そういう私なりの小さな背景があり、
余計にこの展示に痺れました。
色々考えが浮かび、
ちょっとした啓示のようでもありました。
そして素直に僕も頑張ろうと思いました。

2018年10月 3日 (水)

Stadium (112)  松井稼頭央

Img387

Img353
2016年/ジャイアンツ球場
お疲れさまでした!!

2018年10月 1日 (月)

写真展「Woman」より

Img229                                                                                        

Img010                                                                                              
Img006                                                                                                  
Img259                                                                                                     
Img263                                                                                                  
Img280                                                                                             
Img235                                                                                             
Img003

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »