2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2019年2月23日 (土)

one day (853)   Kugenuma/Kanagawa

Img315

2019年2月22日 (金)

one day (852)   じっくり眺めてみると

Img010

 
Img008
 
撮影して少し時間が経った写真を眺めてみると、
当時気が付かなかったことが写っていることに気付きます。
冒頭の写真は2001年9月、サンフランシスコで
撮ったものです。
サンフランシスコ・ジャイアンツの強打者、バリー・ボンズを
観る為に3回くらい球場に足を運びました。
上の写真のスコアボードは当時の記録満載です。
エンロンという会社はその後の不祥事で
会社は無くなったと思います。
パナソニックのノートパソコンも元気に宣伝されています。
そしてボンズがちょうど打席に入ったことを示す
電光掲示板は、その時点での彼の成績を表しています。
59というのは本塁打の数で、
その59本目を私はこの球場で目撃しました。
次の60本目も観ました。
40歳を超えると、色々な事を忘れてしまうことに
がっかりする今日この頃ですが、
写真に残しておくと記憶が蘇り、
覚えておくことを継続できます。
2枚目の写真中央に位置する数字もまた
本塁打に関する数字です。
553という数字は、その当時ボンズが放った通算本塁打の数です。
その後762本まで記録を伸ばし、メジャー記録になっています。
そしてこの2001年、年間73本の本塁打を放ち、
こちらもメジャー記録となっています。
その後、薬物疑惑で晩節を汚し、殿堂入りも叶っていませんが、
偉大な選手であると私は思っています。
日米野球でも数度来日し、私が最も目にした
メジャーリーガーです。
ちなみに2枚目の写真、手前を歩いているのがボンズです。
とてもマニアックな話になりましたが、
球場には色々な情報が記録されています。
これが例えば渋谷のスクランブル交差点や、
新宿の繁華街となると、その情報量は膨大です。
企業の趨勢や社会の風潮がしっかり記録されています。
写真を撮った時には全く意識していなかったことが、
たくさん遺されています。
タイムカプセルのようです。
時間の経過が新たな視点と思考を産み、
次の展開を示唆してくれる。
ある程度の期間写真を続けていると、色々な発見があります。
それに気付く感覚や視野を常に研ぎすませていたいと思っています。

2019年2月19日 (火)

one day (851)   Zushi/Kanagawa

Img327

2018年撮影。

2019年2月17日 (日)

one day (850)   Setagaya/Tokyo

Img317_2
2018年撮影。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京ジャーミーに行ってきました。
イスラム教のモスクです。
全くの無知なので、見学会に参加しました。
以前写真家仲間と話していた時、
キリスト教を理解しないと世界が理解出来ない、
という話になり、私はキリスト教は勿論、
その他の宗教もほとんど知らないということに
至りました。
私の実家は浄土真宗西本願寺派の檀家であり、
小学生の頃は近所のお寺の日曜学校に
通っていました。
少年野球などで中断した時期もありましたが、
日曜の午後、地域の仲間とお経を読み、
説法を聞いて、ゲームを楽しみました。
今でもお経が無くても、周りの読経に合わせて
言葉が出てきますし、専門的なことは理解していませんが、
大まかな教義は身体に染み付いていると思います。
しかし、体系的に学んだ訳ではないので、
実はよくわかっていません。
イスラム教も遠い世界の話であって馴染みが無く、
理解の緒がありませんでした。
今回、そのモスクが電車ですぐのところにあり、
実際肌で触れてみるとその緒が
少し見えてくるのではないかと思い、
参加しました。
行ってみると参加者が多く、お洒落な若い女性が
目立ちました。
そしてツアーの説明もわかりやすく、
少し身近に感じる機会となりました。
実際に行われている礼拝も見学しました。
礼拝開始時のアナウンスも兼ねる唄も圧巻で、
聴いていると何故か懐かしさを感じました。
私の遺伝子の遠い記憶がその音色を覚えているのか、
その唄が産まれた場所を知っているのか、
そんな不思議な感覚に包まれました。
ただの錯覚かもしれませんが、
魂とか細胞とか、
そんなレベルで揺さぶられた感覚がありました。
そして礼拝の規律正しい所作にも驚き、
さらに5、6歳だと思われる少年が
モスクの片隅でひとり礼拝を行う姿は、
微笑ましく、尊いものに見えました。
見学を終えて知識としてよりは、
感覚的に幾分かの何かを持ち帰ったように感じます。
巷間いろいろな捉え方をされるところがありますが、
実際情報として身体に体験させてみると、
違った見え方、感じ方が少しずつ身についてきます。
思いつきで足を運んでみましたが、
雰囲気だけでも知ることができ、
とてもいい体験でした。
そして帰り際、モスクの隣の建物から
3歳くらいの少女が窓越しに手を振ってくれました。
こちらも手を振り返しましたが、
このやりとりが最初にあり、基本であって、
その先に人種や宗教、民族があるのではないかと、
ふと感じました。
この瞬間がいちばんの収穫だったように思います。
そしてこの世は知らないことばかりだなあと
改めて感じました。

2019年2月16日 (土)

Woman (104)

Img300

2003年撮影。

2019年2月14日 (木)

one day (849)   Chofu/Tokyo

Img312

いよいよ花粉症の季節、恐怖の到来です。
その後は、サクラの季節ですね。
最近少し東京をまわってみようと、いくつかの場所を
訪れました。
浅草、上野、清澄白河、根津、谷中、押上など、
普段あまり行かないところが中心です。
少し写真を撮って、ほぼ通り縋るだけですが、
街の雰囲気が少しわかって面白いですね。
東京大学にも行きました。
駒場は行った事がありますが、本郷は初めてでした。
古く、格調高い校舎が美しく、次回は時間をかけて
ゆっくり観たいですね。
そしてこの場所から日本の近代が育まれていったのかと、
感慨深いものがありました。
中学生くらいに訪れていたら、幾らかの刺激を受けて
違った人生になっていたかもしれません。
そして少なくとも4年間、研究に没頭する生活も
いいのではないかと思いました。
私の叔父や従妹は10年以上、
そのような生活を送りました。
私は月並みな学生でした。
もともと建築には興味がありませんが、
歴史を反映する遺産だと考えれば
とても興味深い分野かもしれません。
ちょくちょく東京を歩いてみたいと思います。

2019年2月13日 (水)

one day (848)   Shinjuku

Img334

2019年撮影。

2019年2月11日 (月)

one day (847)   Kugenuma/Kanagawa

Img319

雑誌AERAで、現代の肖像・岸政彦さん/社会学者の記事を
興味深く読みました。
「断片的なものの社会学」しかまだ読んでおらず、
トークショー(小説家・柴崎友香さんと)を
一度拝聴しただけの少しミーハーな自分ですが、
関心のある学者の方です。
私は岸さんの大学、学部の後輩にあたります。
私が学部生のころ、岸さんは大学院に通われていたと
記事にあり、不思議な気分です。
4年間の間にすれ違ったことがあるかもしれません。
記事を読み、とても信頼できる方だと改めて思いました。
他の書籍も急いで読みたいですね。
掲載された写真もとても素晴らしく、
トークショーでの賑やかな様子は微塵もなく、
むしろこちらが本当の岸さんなのではと
思わせてくれる、静かな情熱が伝わるものでした。
そして岸さんの優しく公正で、時に厳しい眼差しは、
最近知ったふたりの作家を連想させます。
読んだ事も、映画化された作品もまだ観ておらず、
NHKの番組を偶然観ていて衝撃を受けた
ドリアン助川さんがそのひとり。
偶然にもドリアンさんと岸さんは同じ高校に通われていました。
そのNHKの番組がとても良かったのです。
映画「あん」という、河瀬直美監督作品の原作を
書かれた方ですが、ドリアンさんの姿を観て、
河瀬さんと共通する部分を多々感じました。
「積極的感受」ということばをドリアンさんは
使われていましたが、河瀬さんもまさにそんな人だなと、
初期の作品を思い出しながら感じました。
ドリアンさんが番組で語られていたことばは、
とても信頼できるものでした。
こちらも急いで読みたい。
そしてふたりめは、写真家の小野博さん。
存在は以前から知っていましたが、
最近著作を読み、共感しています。
作品をもっと観たいと思っています。
社会に対しての洞察、見識が深く、
自分の未熟さと照らし合わせると愕然とします。
しかし素晴らしい活動、表現をされている姿は
刺激になり、私の希望にもなります。
以上の御三方をもっと知る事で、
私の行く末がよりクリアになりそうで
とても楽しみです。

2019年2月10日 (日)

Woman (103)

Img260

2012年撮影。

2019年2月 9日 (土)

one day (846)    Shinjuku

Img316

図書館をよく使っています。
いま20冊くらい借りています。
ほとんどが写真集です。
便利な世の中になって、
ネットで予約し、最寄りの分館に受け取りに行きます。
延長もネットで簡単に出来るので、じっくり読めます。
私が住んでいる街は、「映画の街」としての歴史があり、
そのため延長線上として、写真集の蔵書が多いと推測します。
また、寄贈する方も多いのでしょう。
ちなみに今借りている写真集は、
野村恵子、小野博、鬼海弘雄、野口里佳、港千尋、
ホンマタカシ、金村修、尾仲浩二、本山周平、
以上はシリーズものですが、
さらに石川直樹、小野博、上田義彦、牛腸茂雄を
借りています。
そして植田正治の写真集を2冊予約しています。
いま挙げた写真集は古書店で入手するのも難しかったり、
とても高価だったりするものがほとんどです。
どれだけこの街に所蔵されているかわかりませんが、
ちょっとした古書店を優に凌ぐだろうことは予想されます。
私がよく使用する恵比寿の写真美術館の図書室は
日本一充実していますが、貸出しがないのが悩ましい
ところです。
最近は街の図書館がとても有り難い。
そして野球関連の本も充実しています。
私が特に興味がある黎明期の野球の歴史、
メジャーリーグの歴史等、マニアックな本も
充実しています。
以前はネットで探して購入していましたが、
最近は図書館で探しています。
それでもどうしても、というものを購入ですね。
私は大学を卒業するまで、おそらく学校の図書を
10冊も借りていません。
中学の時、山際淳二の「スローカーブをもう1球」を
借りたのは覚えていますが、あとはわかりません。
いま思えばとてももったいないですが、
その分今後は利用していこうと思います。
部屋に本が増えないのもいいですね。
私の場合、増えるのは撮影済みのフィルムと、
プリントした印画紙の箱だけにしたい。
衣類も減らしていきたいですね。
以上、徒然なるままにでした!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー